CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>
PR
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
世界ビール大全―1700種以上を全試飲★評価
世界ビール大全―1700種以上を全試飲★評価 (JUGEMレビュー »)
マイケル・ジャクソン,金坂 留美子,詩ブライス
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< 博物館網走監獄〜オホーツク流氷館@網走 旅2 | main | 網走湖畔温泉〜サロマ湖〜網走市内@網走 旅3 >>
知床半島の自然に感動の旅〜知床クルーズ@網走 旅3
0

    網走市内から知床半島へ

    斜里ウトロ沖まで約1時間半〜のドライブ

     

    平成17年7月に知床地方は世界自然遺産登録

    知床半島は、手つかずの自然環境が多く残り豊かな生態系を守るためにも人が踏み入れない区域が半分以上を占めていて

    半島中央部から先端までを観光するなら、海上から眺められる遊覧船の利用が主流だそうで

    海からしか見ることのできない断崖や奇岩、滝や、ヒグマ出没の割合が高いルシャ湾、知床五湖、最先端の知床岬まで、

    知床半島の有数の観光スポットを陸上からでなく海上から体感

     

    知床半島の知床クルーズは

    ウトロ港や羅臼港から運航していて大小さまざまな船で観光船クルージング出来来ますよ

     

    今回は

    斜里ウトロ沖からの知床クルーズへ

    知床観光船おーろらに乗船します

     

     

    乗船場へは観光船乗車券売り場で券を買い

    高さ60mの「オロンコ岩」のトンネルを潜ると駐車場がありそこに車を止め乗船します

    このオロンコ岩には階段(170段の石段)があり、登ることができます

    乗船前後に時間があれば登って景色を楽しむのもいいかも

     


    クルーズのコースは2種類、知床岬を見ることができるのは3時間45分の船旅の「知床岬航路」と

    知床岬を見ることはできないが時間45分と約半分の時間で絶景を楽しむことができる「硫黄山航路」

    今回は「知床岬航路」へ

    天気がいいので展望デッキで鑑賞しました

     

     

    船がウトロ港を離れると出航後すぐに見えてくるのが
    知床八景の1つ「プユニ岬」

     

    船内にはガイドアナウンスが流れるので聞き逃さないようにしないと

    写真は全部iphoneなので限界が

    こういう時に望遠レンズのカメラが欲しいなと思える瞬間です

     

    「乙女の涙」とも呼ばれる「フレペの滝」など
     

    断崖絶壁に数々の海食洞(=侵食により断崖にできた洞窟)、沢山の滝の数々、知床の自然が目の前で観れるのは感動もんだ

     

    船の上からは知床半島の中央部に連なる「知床連山」も眺められる

    山肌の一部分が黄色く露出している「知床硫黄山」

    知床硫黄山を源流とする、カムイワッカ川の水が海に直接落ちる「カムイワッカの滝」もあり

    滝の周りは、硫黄により海が黄色く変色しています
    知床八景の1つ「カムイワッカ湯の滝」

     

    「岩尾別川」チカポイ、コケシ岩、オーバーハング、水晶岬といった名所を見れる

    目的地の知床岬近くにある「カシュニの滝」

    断崖絶壁から海へ落ちる滝

     

    岩の上にはオオセグロカモメやウミウのコロニー(群生地)が広がり

    運が良ければエゾシカ、ヒグマやイルカ、野生動物の姿も見ることもあるそうです

    今回の乗船中船長がヒグマがいますとの船内放送があってその方向に持っていた望遠鏡で見たけれども見つけられなかったよ

    目が慣れてないんだね〜どこ?どこ?周りの人も同じw

     

    知床半島の羅臼の海(今回のウトロとは反対の海)では夏はクジラやイルカ、シャチ、冬はオオワシ、トドなどの希少な野生動物を観察する事ができるそうです

    知床で1年を通して乗船できるのは羅臼だけだそうで

    次回はそっちにも行きたいな
     

    「知床観光船おーろら」に乗船してから約1時間半を過ぎたころ、白と黒の「知床岬灯台」が見えてきます。

    緑がいっぱいの「知床岬」

    知床岬は、特別保護地区として厳重な管理されており、道路や港を造ることができません

    そのため一般の観光客は、観光船からしか眺めることができない地なのです。
    北の果て、、、

    感動〜〜

     


    船内では旅の思い出になる「知床岬視察証明書」を発行してもらえます
     

     

    船内からは窓を通して鑑賞できます

    船内売店では、オリジナルポストカードや「おーろら」のグッズを販売していたり

    流氷ドラフトも売ってました

    和牛肉マンを食べました!美味しかった

    遊覧船は海からしか眺められない貴重な世界自然遺産の絶景を堪能でき

    満足〜〜

    あ、ドローンでも知床半島見て見たいし

    ぜひ、知床半島を歩いてハイキングしてみたいな

     

    ウトロ港からの知床クルーズは
    4月28日から10月25日までの毎日運航

    天候や波の状況で欠航したり、航路が短縮される場合があり

    1月下旬頃〜4月上旬ぐらいまでは流氷を見る砕氷船「おーろら」が出番します

     

     

    ウトロ港の船の発着時に見える岩

    その中でも「ゴジラ岩」と呼ばれる岩が見える

    近くに行って見ると↓

     

     

    日本各地に「ゴジラ岩」と呼ばれる奇岩の類いはいくつかあるが

    ゴジラ岩があるウトロという地名はアイヌ語が語源「ウトロチクシ」で「奇岩の多いところ」という意味だそうで

    ゴジラ岩は、本物のゴジラには遠く及ばないが高さが15メートル

    角度によってはゴジラに見えないかも?見過ごさないで

    北海道斜里郡斜里町ウトロ東50

     

    知床八景に選ばれている「オロンコ岩」をはじめとして、帽子岩・げんこつ岩・亀(ガメラ)岩など、その名の通りたくさんの奇岩が点在している。
     

    このゴジラ岩の目の前に

    ウトロ漁協組合の建物がありその一角を店舗とする「ウトロ漁協婦人部食堂」

    店を切り盛りするのはウトロ漁協婦人部の女性たち

     

    お昼の12時はとっくに過ぎていて14時辛いでしたがこの混雑

    人気なのね

     

    開業してから50年近くという

    ホッケ定食にイクラ、鮭の漬け、鮭フレークがのる「秋鮭三種丼」を食べる

    美味しいです〜〜魚が新鮮で味がうまい

    「イクラ丼」も食べたかったが今年のウニは終了していました

    ラーメンも美味しそう〜

     

    食堂の港では釣りをしている人が結構いました

    来るときもオホーツク海を見ると釣り人がすごく多い

    シャケを釣っているそうです

    さすが北海道〜

     

    ウトロ漁協婦人部食堂
    北海道斜里郡斜里町ウトロ東
    8:30〜16:30/4月末〜11月中旬営業/不定休
    TEL0152-24-3191

     

     

    知床国道334号沿いに

    オシンコシンの滝があります

    途中から流れが2つに分かれていることから「双美の滝」とも呼ばれています。
    滝の中ほどの高さまで階段で上がることができます

     

     

    売店があり

    鹿の角が売られていました

    犬用もありますw

     

    網走⇄知床半島の国道334号線はまっすぐで景色のいいところばかりでした

    運転しながら景色&まっすぐな道路さすが北海道〜なんって思っていたら

    のちに

    テレビ東京の 出川哲朗の充電させてもらえませんか?

    で知った

    天に続く道というところだそうで

    遥か27キロ先を見晴らす絶景ルート

    道東・斜里町の峰浜から大栄地区まで続く約18キロの直線ルート(国道334号・244号線/斜里国道)

    道の先が“天”につながっているように見えることから、この愛称が付けられましたそうです

    行きは急いでいて帰りも降りて写真撮らなかったわ

    でも、目に焼き付いてます!!

     


     

    国道334号線から斜里国道224号線に入りると

    オホーツク海沿いに釧網本線と国道そして

    原生花園の標識が見えたらたくさんのお馬さんたちが放牧されている〜〜

    Pが国道沿いにあったので止める

    原生牧舎のあたりから放牧されているお馬さんたち

    もう、感動〜〜かわいい綺麗かっこいい
     

     

    ずーと見ていたら遠くにいたお馬さんたちがどんどん近くに来てくれて

    一頭の馬がリーダー?みたいでみんなを引率して来るくる

    あ〜ナマ馬見れて幸せ〜〜

     

    目の前で草食べだした

    そしてみんなで濤沸(トウフツ)湖の方へ走っていた

    近くまで来てくれてありがとう!!!

    綺麗でのびのびしている馬たちだね〜

    この自然環境にいれていいね!

     

    濤沸(トウフツ)湖一帯は野鳥の宝庫でオオハクチョウをはじめ多くの鳥たちを水辺で見ることができるそうです

    白鳥公園があり野鳥観察舎でそれらの鳥たちをじっくり観察すできる利用期間は10月16日から翌年5月15日まで

     

     

    市街地に入ると網走港のところに道の駅 流氷街道網走

    オホーツク海や知床半島を一望できる場所

    冬になるとオホーツク海は真っ白な流氷に埋め尽くされ流氷観光砕氷船「おーろら」が乗れる

    運航期間: 毎年1/20〜3/31(運行時間はお問い合わせ下さい)

    道の駅 流氷街道網走

    観光情報を始めとした地域の多様な情報発信、地元の農水産加工品やお土産の販売、テイクアウトコーナー、多目的交流スペース、2階休憩・飲食コーナーなどがある

    とりあえず、お土産を

     

    道の駅の目の前には、オホーツク海と網走川河口付近の帽子岩が見えます

    観光船も止まってます

    網走の記念写真の顔出しパネルもあり観光気分を盛り上げてくれる

     

    とりあえず買ったビールを早くホテルに帰って飲みたいな

    乾杯!

    サッポロクラシック&網走ビールプレミアム

     

     

    | 北海道でビール | 22:43 | comments(0) | trackbacks(0) |
    スポンサーサイト
    0
      | - | 22:43 | - | - |
      コメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      http://beer.office-soleil.com/trackback/1293390
      トラックバック